小中学生向け

小学生の算数を英語で学ぶ|オーストラリアおすすめの学習サイト!

2021年7月13日

算数学習
ここでは小学生の算数を英語で学べるオーストラリアのサイトを紹介します。

ここで紹介する小学生の算数が英語で学べるサイトは、オーストラリアの小学生たちが実際に学校や家で使っている『マスレティックス(Mathletics)』という算数のオンライン学習プログラムです。

オーストラリア発のマスレティックス(Mathletics)はもちろんすべて英語なので、算数を学習をしながら英語も学べて、一石二鳥です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

小学生の算数を英語で学ぶ|おすすめの学習サイトとは?

オーストラリアの公立の小中学校、特に小学校の算数の学習では、オンライン学習システムの『マスレティックス(Mathletics)』が使われています。

マスレティックス(Mathletics)は算数(数学)に特化したeラーニングで、学校と家庭の両方で使えるオンライン学習プログラムです。

マスレティックス(Mathletics)は幼児期から小中学校までの生徒を対象に、作られています。

マスレティックス(Mathletics)はアニメーションのでの対話型学習サイトで、ゲームや課題を通してオーストラリア全土の子供達の算数・数学の学習をサポートしています。

マスレティックス(Mathletics)はオーストラリア以外にも、ニュージーランド、アメリカ、イギリス...etc...と、多くの国々で使われています。

世界の子供たち

マスレティックス(Mathletics)の学習プログラムは、世界中で500万人ほどの会員と170,000以上の学校に対応しています。(200,000人以上の教師が使用しています)

 

マスレティックス(Mathletics)は24時間いつでも学習できるので、学校にいる時間帯だけではなく、自宅学習にも有効的に取り入れることがきるので、実際わが家では3人の子供たちが大変お世話になりました。

興味のある方は、以下のマスレティックスのサイトからどうぞ。

参考までに・・・
マスレティックスの登録申請などを代理で行ってくれるところもあるようです。

小学生の算数を英語で学ぶ|マスレティックスとは

マスレティックス(Mathletics)は「足し算・引き算・掛け算・割り算・代数・分数」など、算数・数学の学習がいつでもできる学習プログラムです。

マスレティックス(Mathletics)の特徴

  • マスレティックス(Mathletics)は算数に特化したeラーニングで、学校と自宅の両方で使える学習プログラムです。
  • マスレティックス(Mathletics)の学習は小学生で習う「足し算・引き算・割り算・掛け算・代数・分数」などです。
  • マスレティックス(Mathletics)では、子供が学習したすべてのカリキュラムの点数が記録されるので、子供がどの分野に弱いかの確認ができます。
  • 質問を読み上げてくれる音声システムがあるので、英語の発音練習や単語などのトレーニングにも役立ちます。

マスレティックス(Mathletics)では、子供が学習した全てのカリキュラムの点数が記録されるので、実際に子供がどの分野に弱いかを確認することができます。
そして、弱い分野に関しては、何度もリピート学習をすることができます。

算数を勉強する子供

また、各セッションは10問ずつ問題が出されるので、ちょっとした空き時間に学習することができます。

質問を読み上げる音声システムがありますが、もちろんすべて英語なので、英語の発音練習や単語を覚える練習にもなりますよ。

そして、マスレティックス(Mathletics)では、問題に正解するとポイントがもらえる仕組みになっていて、ポイントが貯まると『ブロンズ → シルバー → ゴールド・・・」と、証明書がもらえるしくみになっています。

証明書を取得するには

  • ブロンズ証明書:1週間で1000ポイント獲得
  • シルバー署名書:5xブロンズ証明書
  • ゴールド証明書:4xシルバー証明書(20週間の継続的な努力が必要)
    (※毎週1つの証明書しか取得できません)

これは、結構子供のモチベーションを上げてくれるようで、うちの子供は証明書がもらいたくて毎日継続して頑張っていました♬

パソコンする子供

また、学校でもマスレティックス(Mathletics)を使っていると言いましたが、先生は生徒がどのくらいマスレティックス(Mathletics)を使って学習しているのかをチェックできるので、学校でもマスレティックス(Mathletics)を頑張った子供には賞をくれることがありました。

パソコンする子供たち

わが家の勉強嫌いな息子たちも、マスレティックス(Mathletics)で学習しているときだけは、集中して頑張っていましたよ。
ゲーム感覚で学習できるので楽しかったようですね♪

また、マスレティックス(Mathletics)は世界中の子供達が使っているので、オンライン上で世界中のマスレティックス(Mathletics)ユーザーの子供たちと対戦ができるのです。

対戦によって、世界ランキングが毎週更新されるので、やる気スイッチが入るようです!!

この記事の最初の方でも言いましたが、マスレティックスの学習プログラムはすべて英語なので、算数を勉強しながら同時に英語を覚えるのにもとても役に立つと思いますよ。

英語を学ぶ子供

ちなみに、子供に英語を使って他の勉強をさせる(海外の学校に通うように)ことに興味がある方は、Global Step Academyをチェックしてみるといいですよ^ ^

小学生の算数を英語で学ぶ|マスレティックスの料金

料金

ここでは、算数・数学がいつでも英語で学習できるオーストラリアのサイト『マスレティックス(Mathletics)』の料金について、参考までに簡単に紹介させていただきます。

実は、オーストラリアの多くの公立小学校では、マスレティックス(Mathletics)の料金は学費に含まれています。 なので、マスレティックス(Mathletics)を使うためのアカウントやパスワードは学校が一人ひとりに用意してくれます。

ですが、マスレティックス(Mathletics)を学校として取り入れていない場合、個人で会員登録をして年会費を支払えば利用できます。

マスレティックスの料金

1年間 / 1人の料金 1年間 / 2人分の料金 1年間 / 3人分の料金
$99 (ASU) $179 (AUS) $249 (AUS)

※料金は変わる場合があるので、申し込み時に最新の料金を確認してください。

>>> Mathleticsはこちら

小学生の算数を英語で学ぶ|マスレティックス【まとめ】

まとめ

ここでは、オーストラリア発の「算数・数学」学習サイト、マスレティックス(Mathletics)を紹介させていただきました。
わが家の3人の子供たちも小学校では家でも学校でもフル活用させていただきました♬

Mathleticsまとめ

  • マスレティックス(Mathletics)は算数に特化したeラーニングで、学校と自宅の両方で使える学習プログラムです。
  • マスレティックス(Mathletics)の学習は小学生で習う「足し算・引き算・割り算・掛け算・代数・分数」などです。
  • マスレティックス(Mathletics)では、子供が学習したすべてのカリキュラムの点数が記録されるのでLL、子供がどの分野に弱いかの確認ができます。
  • 質問を読み上げてくれる音声システムがあるので、英語の発音練習や単語などのトレーニングにも役立ちます。

ちなみに、日本の学習教材で、算数に特化した通信教育サービスに興味がある方には、『RISU算数』(無学年制)がおすすめです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。




-小中学生向け

© 2021 まなびスマイル Powered by AFFINGER5