小中学生向け

寝起きの悪い子供の起こし方|正しい起こし方とダメな起こし方紹介!

2021年4月25日

悩んでいる人
子供の寝起きが悪すぎて困る!!

こんな悩み、ありませんか?

寝起きの悪い子供の起こし方、あなたはどうやっていますか?

実はうちの子供の寝起きの悪さと言ったら最悪だったんです。

そのせいで朝から子供も私も機嫌が悪くて家の中の雰囲気も悪くなるしで、最悪のスタートになることもしょっちゅうでしたΣ(-᷅_-᷄๑)

ところが、ある起こし方を知ってから、子供の寝起きの悪さがかなり改善されました!

そこで今回は、寝起きの悪さがグッと改善された起こし方とダメな起こし方をシェアします^ ^

寝起きの悪い子供の起こし方|息子の寝起きが改善された方法

うちには子供が3人いますが、真ん中の子の寝起きが悪いのなんのって...

そのせいで朝は家の中の雰囲気が最悪だったんです(・_・;

前の夜に「明日こそちゃんと起きてね!」というと「うん♪」と機嫌よく返事をしてくれるんですよ^^;

なのに、

次の朝になると相変わらず寝起きはいつも通り悪いんです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

そんなこんなで、子供の寝起きの悪さを改善すべく試行錯誤してきました。

そんな時、疲労と睡眠の関係について研究されている医師の梶本先生が朝の情報番組で "寝起きの悪い子供の起こし方" を紹介していたのです!!

梶本先生によると、朝は『光』で起こすのが良いということだったのです。

つまり、その情報を知ってからは、『朝、子供の寝ている部屋のカーテンを全開し、太陽の光を寝ている子供の顔にしっかり当たるようにする』ということです。

なぜ光で起きるのが良いかというと、

光が当たることによって睡眠を促すメラトニンの分泌を抑えるので、自然に目が覚めるのです。

自然界の動物が日の出とともに目を覚ます習性がありますよね。 それと同じ習性が人間にも備わっているということです。

目をつぶったままでも、まぶたの上で光を感じるので、少しずつ光を感じながら深い睡眠から浅い睡眠に変わっていくのです。

その結果、自然とスッキリ起きることができるというわけです♬

ですが、ここで一つポイントがあります。

光が当たり深い眠りから浅い眠りに徐々に変わっていくので、起きる時間の15分前に光を当て始めることがポイントなのです!

 

寝起きの悪い子供の起こし方

子供の起きたい時間の15分前にカーテンを開け、光を部屋いっぱいに入れます。 そのまま放置し、起きる時間になったら子供に声をかけます。

正直なところ、私はそんなことくらいでうちの子供の寝起きの悪さが改善されるはずがない!・・・と思っていたんです💧

それでも、

まぁ...やるだけやってみるか....と思って実践してみたんですよね^^;

ところが、

最初から別人のように改善されたわけではありませんでしたが、それでも私がわかるほどの違いがあったのです!!

ん?これはいけるかも!!...と思い、毎日続けたところ、今では以前のように子供を起こすことで毎朝のバトルがなくなったんですよ。

まぁ、だからと言ってハイテンションでめっちゃご機嫌♪・・・というわけではありませんが、「おはよう」と言ってちゃんと起きてくるようになりました! これはかなりの効果だと言っていいと思うんですよね。

寝起きの悪い子供の起こし方|ダメな起こし方!

これを読んでいるあなたはきっと子供の寝起きの悪さに悩んでいると思うのですが、あなたは普段どうやてお子さんを起こしていますか?

以前の私は子供の寝起きが悪いので、起きろー!起きろー!と、ひたすら大きな声で起こしていたんです。

実は大きな声や音で起こすのは、ダメな起こし方だったんですΣ(゚д゚lll)

もちろん寝ている時にいきなり爆音の目覚まし時計で起こすのはNG!

大きな音で起きる起き方は、寝起きを悪くする一つの原因になってしまうんですって。

なぜなら、

寝ている時に急に大きな音がなると、脳が驚いて自律神経のひとつである交感神経が急激に興奮状態に陥ってしまうそうなです。

つまり、自律神経がかなり乱れた状態になってしまうそうです(・_・;

ですが、体はその反応についていけないので、結局はスッキリ起きれるどころか、逆に寝起きが悪くなってしまうんだそうですよ。

ちなみに、触って起こすのも自律神経を興奮させてしまうのでダメな起こし方なんだそうです。

ポイントとしては、大きな音や体を触ったりしていきなり起こそうとするのは良くないということです。

とはいっても、

光だけでは本当に起きれるのかちょっと心配...という方は、小さな音からだんだん大きくなる”スヌーズ機能”などの目覚まし時計を使うのも一つの手のようです。

または、

アイデアとして、テレビを普段聞いている音量で番組予約などを利用して、起きたい時間の15分前にテレビがつくように設定し、目覚まし時計の役割をしてもらうのも良いんですって。

特に、子供の大好きなアニメやお気に入りの番組で設定しておけば、自然に起きれることがあり、こうした起き方は自然に起きれるのでおすすめ起き方のようです。

朝の目覚めが非常に悪いことで不登校になるきっかけを作ってしまう・・・という例もあるようです。

悩んでいる人
だけど、子供の部屋にはあまり太陽の光が入らないのよね・・・

こんな場合もありますよね。

そんな方には、”太陽の代わりに光で起こしてくれる” という『光で起こす目覚まし時計』があるんです!

目覚ましをセットした時間の少し前から、夜明けの太陽と同じように少しずつ光の強さが増していく・・・という仕組みの目覚まし時計なのです。

お部屋に十分な太陽の光が入らない場合には良いかもしれません。

ちなみにこの目覚まし時計、楽天での売上が一位なんです😲

もし興味があれば、光目覚ましinti4 をチェックしてみてください。

寝起きの悪い子供の起こし方|正しい睡眠方法について

十分な睡眠が取れない子供は、集中力や記憶力の低下、感情調整、タスクの整理、などに影響をもたらす可能性があります。

またそういった子供は気が散りやすくイライラし、乱暴だったり、落ち着きがなくなったりする場合もあります。

睡眠の欠如はメンタルに影響を及ぼしたり、肥満の原因になったり、学校の成績が下がったり・・・などなどにも関係してくる場合があります。

なので、日常の生活で睡眠習慣をつけることはとても大事なことなのです。

そこで、子供に必要な睡眠時間がどのくらいなのかを調べてみたところ、以下ことがわかりました。
(※数字はあくまでも一般的な数字に過ぎないので、子供にはそれぞれの睡眠習慣があります)

子供の年齢 推奨される睡眠時間
4ヶ月〜12ヶ月 12時間〜16時間 (お昼寝も含む)
1歳〜2歳 11時間〜14時間 (お昼寝も含む)
3歳〜5歳 10時間〜13時間 (お昼寝も含む)
6歳〜12歳 9時間〜11時間
13歳〜18歳 8時間〜10時間

(※クイーンズランド病院のサイトを参照)

最近は夜遅くまで起きている子供も多いようですが、健康的な睡眠習慣をつけるためには『早寝・早起き』で早く寝させることを考えるよりも、先に『早起き』から始めるのがおすすめです。

なぜなら、早起きするのは初めは辛いのですが、体が足りていない分の睡眠時間を補おうとし、寝る時間が必然的に早まるからです。

結果的に、体内時計が早寝・早起きの朝型に変わっていきます。

わが家では犬を飼っているのですが、犬の散歩を理由に必ず朝は起きなければいけないので『早起き・早寝』が定着するようになりました。

寝起きの悪い子供の起こし方|息子の寝起きが改善された方法【まとめ】

まとめ

どうでしたか?

最後にもう一度、、、

寝起きの悪い子供の起こし方は、『起きる時間の15分前にカーテンを全開にして太陽の光を寝ている子供の顔に当てる』ということです。

ですが、部屋の位置的に子供の部屋には太陽の光があまり入らない。。。。という場合、光を使った目覚まし時計光目覚ましinti4 を使ってみるのも一つの選択です。

光目覚ましは、太陽の光と同じような光を出してくれる目覚まし時計です。

健康的な生活を送るためにも、睡眠習慣はとても大事です。
大人の私自身も睡眠習慣に関してはもう少し考えなければいけないな...と感じる今日この頃です💦

参考までに、抱き枕を使うのって、かなりおすすめですよ^ ^
こちら、人気の抱き枕です!私は↓芝犬くんを持ってます♡

          

 

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

-小中学生向け

© 2021 まなびスマイル Powered by AFFINGER5