小中学生向け

思春期の子供との付き合い方|親が注意すべき4つのポイント!

2021年3月25日

思春期
悩んでいる人
思春期の子供との付き合い方ってホント難しい.... 接し方に悩んじゃう。
みんなは思春期の息子とどうやっていい関係を保っているのかなぁ?

思春期の子供との付き合い方って、男子(息子)と女子(娘)でも違うんですよね。
ここでは、3人の子供を持つ親として思春期の男子との付き合い方で効果があった、息子とのおすすめの接し方を紹介します。

親の悩み

子供のイヤイヤ期とはまた違った意味で、思春期の男子も手強いですよね^^;

思春期の子供との付き合い方で悩んでいる方にとって、ここでシェアさせていただくことがほんの少しでも参考になればうれしいです。

思春期の子供との付き合い方|親が注意すべき4つのポイント

思春期は早い子供だと小学校の高学年くらいから始まるっていいますよね。

うちの息子は中学1年生くらいに思春期が始まりました。
そして現在息子は中学3年生ですが、親子関係もうまくいっている方だと自負しています。

ところが息子の思春期がはじまった頃は、

なんだか態度悪いな・・・

あれ?そっけなくない?・・・

何か怒ってるのかな?・・・

機嫌悪いなぁ・・・

こんなことを考えて、息子の機嫌の悪さの原因を究明することに目を向けていました。

ですが、原因を知ろうとすると息子はめんどくさそうにして、余計に機嫌が悪くなるし、私自身もイライラしていたんですよね(・_・;

葛藤するママ

そして、実はその頃に息子は声変わりもしていたのです。

ですがタイミングよく風邪気味だったこともあり、声が変わったのは風邪のせいだと思い込んでいた私は「今回の風邪は長いな〜」なんて呑気なことを言っていました。

ですが、全然声が元に戻らないのでおかしいなぁ...と思っていたら、

実は声変わりで、思春期の始まり頃だったようです。

そうと分かると、逆に息子のムカつく行動や機嫌の悪さも、割り切って付き合えるようになりました。

 

私は思春期の子供との付き合い方で、「何をしてあげればいいか?」ではなく、「しない方がいいのは何か?」ということを考えています。

なぜなら、思春期の子供は基本的に親に対して「うるさい」「うっとうしい」「わかってる」「うざい」の連続ですから、求められない限りこちらから「何かしてあげよう」としても子供にとってはうざいだけですからね。

つまり「しないこと」を考えた方がお互いのために良いという結論に至ったのです。

その結果、思春期の息子ともそれなりに良い関係で付き合えています^ ^

親子のハグ

『思春期の子供(息子)との付き合い方』として私が気をつけていることはこちらです。

思春期の子供との付き合い方・4つの注意点

  1. 干渉しすぎない
  2. 否定しない
  3. 比較しない
  4. 必要以上に話しかけない

 

思春期の子供との付き合い方|その1:干渉しすぎない

思春期の子供との付き合い方、1つ目は『干渉しすぎない』です。

親が子供を心配するのは当たり前、親にとってはたとえ子供が大きくなっても子供なのです。

だから心配したり気になるのは当たり前ですよね。

ですが、思春期の子供は大人になろうともがいている時期なので、親の手少しずつ離れようとしているのです。

ついつい心配する親の言動が、思春期の子供にはうっとうしくて仕方ないのです。

子供に渉しすぎないことです。 心配するよりもわが子を信じることが一番です

これまで子供に干渉していたとしても、思春期の子供にはうっとうしく感じるだけですから。

なので、これまでと同じではなく、思春期は特に少し距離をとって接してみるのも大事です。
子供も一人前の大人のように一人でなんでもやりたい年頃なので。

思春期はできるだけ子供に干渉しないで、子供の方から近づいてきた時は受け入れてあげるようなスタンスがいいです。

といっても・・・
生意気な口をきいたり、無愛想だったり、話を聞かなかったりetc....腹が立つことは山ほどありますよね。

ですが”イケナイ態度をとっている”のは、本人が一番わかっているはずです。
だけど、思春期は原因不明の何かにイライラするんですよね💦

私自身子供の頃の自分を思い返せば納得できることもあります。
きっとみなさんも、ご自分の思春期を思い返してみるとうなずけるのではないでしょうか。

子供の理不尽な態度に真っ向からぶつかって無益な衝突を増やし、自分の心を疲れさせるよりも、子供が頼ってきた時のために自分の心にゆとりをつくっておく方が良いです。

ちなみに、携帯電話のメッセージに返信なんてくれませんよ。。。メッセージが返ってくるなんて、よっぽど子供の機嫌が良い時か、もしくは子供自身が必要な要件の時だけですから。

思春期の子供との付き合い方|その2:否定しない

思春期の子供との付き合い方2つ目は『否定しない』です。

子供は彼らなりに考えがあって自分の意思で行動しようとしています。

自立心が芽生えてきているんです。

ですから子供がすること、話すことが、親の思っていることや考えてることと違っていたとしても、頭ごなしに否定するのはNGです。

子供の意見を一旦聞いて理解してあげることがです。

子供のすること・話すことetc...全てにおいて否定から入らない。

また、子供が話をしている途中で間が空いたとしても、頭の中で考えながら話しているので少し待ってあげることも大事です。

話の途中で焦って親が口を挟み、まだ続きがあったのにさえぎる結果になってしまっては子供も面倒で話すのをやめてしまうかもしれません。(←実は以前の私はこれをよくやってしまっていたんです💦 )

よく考えると、私だって旦那に頭ごなしに否定されたり話の途中で否定的に口を挟まれたら、それだけで話す気分が萎えてしまいますからね。。。子供だって同じですよね^ ^

たとえ話の内容に反論があったとしても...どんな内容でも...最後まで聞きます。

うまくいく聞き方

  1. 話の途中で口を挟まない(ちゃんと顔を見てあげて、頷きながら、相槌を打ちながら)←怖い顔をしてはダメ。
  2. 最後まで話を聞く
  3. 聞き終わったら一旦受け入れる。
  4. 親の価値観を押し付けて否定するのではなく、アドバイスやアイデアを提案する(例:〇〇したらどうかな?)

以前の私はこれができなかったのですが、これを始めたら子供が変に反発しなくなりました。

また、子供扱いで大人目線で話すのをやめたのです。
一人の大人として会話をするスタンスで接しています。

思春期の子供との付き合い方|その3:比較しない

思春期の子供との付き合い方、3つ目は『比較しない』です。

そもそも子供を他の誰かと比較することは、思春期に限らずやってはいけないことです。
それは子供に対してだけではなく、自分自身に対しても同じで、自分を他の誰かと比較すると ”いいこと” なんて一つもありません。
比較するなら「少し前の自分と現在の自分」そして「少し前のわが子と現在のわが子」です。

子供を友達や他の誰かと絶対に比較しない

思春期の子供は精神的にも成長している時なので、自分と周りの人との違いが見えてくるようになります。

そして自分自身を客観視するようになってくるため、自分と友達を比較して自分のできないことに目をやってしまい、それが悩みとなってしまうこともあります。

目の前のわが子だけに目を向けて、以前できなかったことができるようになった。。。ということに注目して褒めてあげることが大事です。

子供だろうが大人だろうが、人はみんな褒められるとうれしですから。

思春期の子供との付き合い方|その4:必要以上に話しかけない

思春期の子供との付き合い方4つ目は『必要以上に話しかけない』です。

実際うちでは息子が思春期になって、以前に比べると会話は減りました。

というのも、以前ならなんの問題もなく答えてくれていたことも、思春期の現在はめんどくさそうに答えられたり、ぶっきらぼうだったり、うるさいな!って言われたり・・・

親だって人間です。腹だって立ちますから・・・

思春期の息子と対決して私まで腹を立てていたのでは家の中の空気が重たくて仕方ありません。何より私自身が彼に振り回されてストレスが溜まってしまいます。

お母さんのストレス

実際、思春期の子供たちは自分が何にイライラしているのかはっきりとした原因なんてないんですから。
子供は親の正論なんて聞きたくないんです。
親が何を言っても、答えるのが面倒だったり、ただウザかったりするんですよ。

思春期の息子には必要以上に話しかけない

これに限ります。
「話たければ向こうから話してくるだろう!」と、割り切ることです。

思春期は見守る子育てで、必要とされた時に手を差し伸べられるようにしておきましょう。

といっても、”親として子供が心配だし、何か困っていたらどうするの?”こんな風にも思いますよね。
私も初めはそうでした。旦那には、ちょっと過保護すぎない?とまで言われましたから。
でも大丈夫です。必要なら必ず子供から話しかけてきます。

それに距離をあけると言ったって、子供に無関心になったり、完全放置するわけではないですからね。

とにかく、家の中ではお母さんがニコニコ元気でいれば子供も安心するものです。

思春期の子供に伝えたい言葉

思春期でもがいている息子に伝えたい言葉が、まさにこれです。

自分が今いる枠の中で考えようとするのをやめなさい

失敗を恐れずにそこから何を学べるか考えなさい

欠点を受け入れようと頑張るより良いところを磨きなさい

周りから嫌われることを気にせず言いたいことは言いなさい

過去を振り返るのをやめて今何をすべきか集中しなさい

思うように行かなくても最後までうまくいくと信じなさい

周りがなんと言おうともやりたいこと思うことを続けなさい
決してすぐにあきらめないようにうまくいくばかりが人生ではない

夢はずっと心の中にあるから迷わずに掴み取りに行きなさい

一度きりの人生を後悔しないように
引用:(田口久人 氏)

そして、この時期のお母さんに伝えたいのは、お母さんも自分のためにも「ひとやすみ」することも大事♪・・・ということです。

お母さんに大事なこと!

とりで何でもかんでも抱え込まない。周りに頼ったり話を聞いてもらうことも大事。

りあえず好きなものを食べる!疲れた時はこれに限る!

すむことも大事!子供と距離を置いて一息つくことで、見えてくることもある。

なおに「疲れたから休む」と言って大丈夫!たまには自分のために時間を使おう!

とめてもらおうとしなくていい。自分自身を認めてあげればいい。

思春期の子供との付き合いは、とても大変ですよね。
ですが、思い返すと自分にも同じように思春期というものがあったのですから。。。

正直言って私は思春期の頃、母に対してこう思っていました。

  • 心配なのはわかるけど、心配されるのが嫌でたまらない。
  • いいかげん子供じゃないんだから放っておいてほしい。
  • いちいちうるさい。
  • なんでも質問してくるのやめてほしい。
  • あれダメ、これダメって・・・早く家を出たい!
  • 言ったら心配してうるさいから、黙っておこう!
  • etc・・・・

こんな自分が昔いたことを、すっかり忘れていましたが、
あぁ....そっかぁ....思春期の子供には特に親の心配を押し付けてはいけないんだ....
と思った次第です💦

思春期の子供との付き合い方【まとめ】

思春期の子供に対して、親の価値観や考え方を一方的に押し付けるといいことなんて一つもないです。

不安なこともありますが、子供が大人になろうとしている大事な時期なので、わが子を信じて見守るのが一番です。

この時期は子供にとっても親にとっても相互成長の時間ですね。

思春期に親が子供を信用して見守ることができれば、きっと子供が思春期を乗り越えた後はお互いの信頼関係がさらに深まっていることでしょう。

もしかしたら、子供が小さい時には親が力づくでなんとかできていたかもしれませんが、思春期は親の力を使おうとすると逆効果です。

思春期の子供の態度に比例して、親も同じように辛気臭い顔をするのではなく、笑顔で家の空気を少しでも浄化できるように、心にゆとりを持つことに励んだ方が良さそうです♪

すらら不登校
参考すららで不登校を出席扱いにしてもらうには?手順や事例まとめ!

続きを見る

タブレット学習
参考中学生におすすめのタブレット学習を料金で比較!安いのはどれ?

続きを見る

人気海外の中学校の校則について|オーストラリアの学校は厳しい?あまい?

続きを見る

-小中学生向け

© 2021 まなびスマイル Powered by AFFINGER5