幼児向け

子供の留守番は何歳から?海外(オーストラリア)のお留守番事情!

2021年5月10日

悩んでいる人
子供の留守番って、何歳からさせていいのかな?
子供のお留守番には”何歳から”・・・という決まりはあるのかな?

これは子育て中の方にとって頭を悩ませるところじゃないですか?

わたしは海外(オーストラリア)で3人の子育てをしていますが、子供が小さい時はたとえちょっとした急ぎの外出でさえ一緒に連れて出かける・・・という、大変な毎日を送っていました。
なので、「子供の留守番は何歳から?」という悩みはとてもよくわかります。

この記事では、”子供の留守番は何歳から?”の悩みを、海外の留守番事情と一緒に紹介します。
ちなみに、ここで紹介する海外の留守番事情は、わたしが住んでいるオーストラリアの留守番事情をもとに紹介させていただきます。

子供の留守番は何歳から?海外(オーストラリア)は日本より厳しい!?

あなたは子供に留守番をさせたことがありますか?
また、初めての留守番は何歳からでしたか?

ところで、子供に留守番させても良い年齢には、”何歳から?”という決まりはあるんでしょうか?・・・こんなことを調べてみました。

子供の留守番|日本では何歳から?

日本では子供のお留守番に関して「何歳から」という年齢を基準とした法的な決まりはないようです。
なので子供をお留守番をさせることによって処罰を受けることはないようです。
もちろんお留守番のさせ方にもよりますけどね。

ベネッセの教育情報サイトが、”初めて子供だけで留守番をした年齢”を調べたろこと、こんな結果がわかったようです。


出典:ベネッセ教育情報サイト(回答者数1406名)

この調査結果から見ると、初めて子供にお留守番をさせたのは小学1年生だったという回答がいちばん多いですね。

ですが、これはあくまでも参考事例というこだけで、必ずしもどんな子供でも小学1年生からお留守番ができるというわけではありません。

なぜなら、子供の成熟度には個人差があるからです。

なので同じ小学1年生(6歳)でも、みんながみんな同じことができるわけではありませんからね。

つまり、子供に留守番させても良い年齢は親の判断に委ねられるということです。

そして、法的に罰則に当たる行為ではありませんが、その判断は親の責任下にあるということです。

もちろん親としては、"できることなら子供に留守番はさせたくない" というのが本音だと思います。

子供とお出かけ

ですが現実問題として、”やむを得ず子供を留守番させなければいけない場合がある”ということも、わたしも親の一人として理解できます。

実際にベネッセ情報教育サイトの調査結果でも9割近くの子供が留守番の経験があるという結果が出ています。

ところが海外では6歳という年齢は、子供だけの留守番が禁止されている国もあるんですよ。

子供の留守番|海外では何歳から?

それでは参考までに、海外の留守番事情を紹介させていただきます。
(わたしの住んでいるオーストラリアでの子供の留守番事情についてです。)

オーストラリアでは子供を一人で家に残すための法定年齢はありません。

ですが、オーストラリアは州によって決まりが異なることがあります。

実際わたしの住んでいるクイーンズランド州は子供のお留守番に関してはとても厳しいです。

オーストラリアのクイーンズランド州では12歳未満の子供だけでの留守番は禁止されています。

ですから、12歳未満の子供を大人の監視なしで留守番させた場合、それが罰則とみなされる場合があります。

どういうことかというと、もし親のあなたが12歳未満の子供だけで留守番をさせてしまうと、警察または児童保護サービスの人が家に来て子供を連れ去ってしまう場合もあるということです。

警察と子供

法律の上では子供を一人で留守番させるかどうかは、親の判断に委ねられているのですが、子供の安全面を考えたうえで細心の注意が必要です。

実際に子供が一人で家にいることを近所の人に通報され、警察がきて子供を連れ去ったという話も聞いたことがあります。

子供の成熟度は一人ひとり違います。 自分の子供と同じ年齢の他の子供が留守番をしているからといって、自分の子供も同じように留守番ができるとは限りません。

子供を留守番させる年齢に関しては、子供の精神面や能力をいちばん理解している親偽が判断し、その責任も問われます。

ですが、もしやむを得ず子供を留守番させなければいけない場合は、留守中に起こるであろうことを前もってよく考えた上で、細心の注意をはらった上で留守番をさせるようにしましょう。

子供の留守番|事前にチェックしておくべき注意点は?

もしやむを得ず子供を留守番させなければいけない場合、事前にどのようなことに注意をしておけば良いのかを考えてみましょう。

あなたがどれくらいの時間子供に留守番をさせるかによっても準備は違ってきます。

まずは、あなたの不在中に子供ができることとできないことを明確にしておくことが大事です。

参考までに以下のことを子供がわかっているかチェックしておくと良いですよ。

子供に確認しておくこと

  • あなたがどこに行くのか、いつ戻るのか
  • あなたに連絡をする方法を知っているか
  • 電話の使い方
  • 何か問題が起こった時にかけるべき緊急電話番号
  • 自分の電話番号と自宅の住所
  • 信頼できる友人、隣人などの連絡先
  • 応急処置キットの場所と使い方
  • 火災の場合の対処法
  • 誰かがドアをノックした場合の対処法
  • 電話が鳴った場合の対処法

また、普段はお母さんと一緒にお料理をしていたとしても、留守番しているときは絶対に火を使わないように約束しておいた方が良いですね。

とはっても、子供はお腹が空いたら何か作ろうとしてしまうかもしれません。
特に普段お母さんと一緒にお料理をした経験がある子供ならなおさらです。

食べるものは事前に用意しておいた方が良いです。
"親がそばにいるときに火を使った経験があるから大丈夫だろう" という過信は禁物です。

子供の留守番は何歳から?海外は日本より厳しい【まとめ】

どうでしたか?
日本とオーストラリアを比べると、オーストラリアは子供の留守番に関してとても厳しいです。
オーストラリアでも特にクイーンズランド州は12歳以下の子供のお留守番は、かなり慎重にならなければポリスに連れて行かれてしまいますから。

大変かもしれませんが、何かが起こってからでは遅いです。
子供をいちばん近くで見ている親だからこそ、子供がお留守番できるかどうかの判断は慎重にしたいですね。

留守番用にカメラを置いておくのも安心かもしれませんね^ ^

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

こちらもCHECK

海外ではアルバイトは何歳から?オーストラリア子供のバイト事情まとめ

続きを見る

-幼児向け

© 2021 まなびスマイル Powered by AFFINGER5