小中学生向け

補習校に行かない理由|やめたの後悔してる?メリットデメリットも紹介!

2020年11月6日

小学生
悩んでいる人
海外在住の子供は日本語補習校に行くものなのかな?
行かない人もいるよね? でも、行かない理由ってなんだろう?途中でやめる人もいるみたいだけど。。。 補習校のメリットやデメリットなど、行った人の話を聞いてみたいな。

海外在住の方は「子どもを補習校に行かせるべきかな...どうしようかな...」と、悩む時期ってありませんか?

または、現在補習校に行かせているけれど、「このまま続けさせるべきなのか、やめさせちゃってもいいかな・・・」と、迷ったりしませんか?

私はオーストラリアで3人の子どもの子育て中でして、上2人の子供は補習校に通っていましたが、途中で通うのをやめました。
また、末っ子に関しては全く補習校には行っていません。

そこで、

この記事では補習校に行かない理由や、補習校のメリット・デメリットなどについて実際の経験をもとに親目線から紹介していきます。

補習校に行かない理由ってなに?

子育て中の海外在住者にとって補習校はとてもありがたい存在です。
とはいっても、補習校に行く行かないはそれぞれ家庭によって考え方が違うので、行かない人もたくさんいます。

そこでまず・・・・

補習校に行かない人って、どういう理由で行かないんだろう?

こんな疑問について調べてみました。

学校

そもそも日本語補習校に行かない人の理由ってなんだろう?・・・
ということを調べてみたところ、以下のような理由がわかりました。

日本語補習校に行かない理由

  • 自分で教えられるから行かせる必要がない
  • 金銭的な理由
  • 週末は家族の時間
  • 週末はスポーツの習い事で忙しい
  • 海外に住んでいるが、両親ともに日本人なのでむしろ英語が心配
  • 補習校が本当に子供に良いのかわからない
  • 補習校がない地域に住んでいるので行けない
  • 役員仕事やママ付き合いなどの人間関係が面倒

理由は人それぞれですが、上記に紹介したものが多かった理由です。

中には、補習校に行っていたんだけれど途中でやめた... という人もいます。
では、なぜ行かせていたものをやめてしまったのか?という理由についても調べてみました。

実際わが家の場合も、子供を補習校に行かせていましたが、途中でやめたのです。
私の身近にもそういった人たちはたくさんいます。

補習校を途中でやめた人の理由にはこのようなものがあります。

  • 授業についていけない
  • 現地校の宿題+補習校の宿題は大変すぎる
  • 親が宿題を見ないと子供ができなくなる(親の負担が大きい)

実際、補習校に通うのは親にとっても...子供にとっても...結構大変なんです(・_・;

子供の習い事のたいていのスポーツの試合は週末に行われます。
うちの場合もそうでしたが、週末は必ずと言っていいほどスポーツと補習校が重なっていました。

サッカーをする男子

せっかく真剣に頑張っているスポーツの試合をお休みするわけにはいかなかったので(チームスポーツとなれば尚更です)、どうしても補習校ををお休みすることになっていました。

うちの場合は、現地校+補習校の宿題で時間のゆとりもなくなり、補修校をお休みしなければいけない状況も多々あったりで、補習校に行くこと自体が子供にとっても、親にとってもストレスになってしったんです。
その結果、補修校をやめるという答えを出しました。

また、

息子が通っていた時に度々言っていたことなのですが・・・ 『モーニングティーの時間がないから嫌だ!』・・・とよく言っていました💧 まぁ...これはやめる理由にはなりませんけどね^^;

海外の現地校では、午前中にモーニングティーのブレイクがあってフルーツやスナックが食べれるんですよ^^;
だから、モーニングティーがないとお腹が空くんですって。
まぁ、彼の中ではきっとこれだって真剣な悩みだったのかもしれませんけどね。

補習校をやめて良かった?後悔した?

うちの子供たちは途中で補修校をやめてしまいましたが、周りをみると他にも補習校を途中でやめた子供をたくさん知っています。

そこで、補習校を「やめて良かったと思う」「やめて後悔している」など、やめた後の感想を調べてしてみました。

補習校をやめて良かった?後悔した?

悩んでいる人

うちの場合は、補修校をやめるかどうかの決断は子供と一緒に考えに考えた上で出した答えです。

補習校をやめたことで、親子共に抱えていたストレスから開放されてすっきりました。 私自身行かない選択をしましたが、特に後悔することはありません。

・・・ということで、補修校をやめて良かったと感じた人の感想をこちらに紹介します。

補習校に途中で行かなくなった子供の親の感想

  • 補習校の宿題が原因での親子喧嘩がなくなった
  • 親子ともにストレスがなくなった
  • 子供がお友達と遊ぶ時間がもてるようになった
  • 週末は家族行事ができるようになった
  • 子供の読んだり書いたりする力が、同年代の日本人の子供より弱い
  • 日本人の子供と遊ぶ機会が減った

『感想の中には、子供の読んだり書いたりする力が、同年代の子供より弱い』と言う感想もありますが、これに関しては、補習校に行ったから日本語は問題ない・・・補習校に行かなかったから日本語ができない・・・というわけでもないんですよね。

実際に補習校に行っていたけれど、「あれ?補習校に通ってたんだよね?」と思うくらいの日本語力の子供もいます。 また、それとは逆に補習校に行っていなかったのに日本語に問題ない子供もいますからね。

すでに、『補習校の目的とは?』のところでも紹介しましたが、補習校は海外在住の子供がいずれ日本の学校で勉強するための、学習と生活の基礎基本を身に付けることを目的としています。

ですが、この目的は家庭学習と補習校での学習が総合されたうえで達成されることです。

つまり、帰国後日本の学校に適応するためには、補習校だけではなく家庭での日本語学習も必須だということです。
なので、うちの子供たちの場合はスポーツとの兼ね合いも考えた上で、補習校には行かないで別の学習方法を選ぶことにしました。

補習校に行かない子供の日本語教育について

三人の子供

補習校に行かない人はたくさんいます。そしてその理由は人によって様々です。
ですが、補習校に行かなくても子供の日本語教育はできます。

実際にわが家は補習校に行くことをやめましたが、日本語教育は続けています。
なぜなら、子供の将来的な可能性はできる限り広げておきたいと考えていますからね^ ^

そこで、補習校に行く以外の日本語教育の選択肢を以下にまとめておきます。

  • 親が教える
  • 日本の教科書に沿った通信教育を受講
  • 公文
  • オンライン家庭教師

うちの子供は補習校をやめてから、平日に公文に通い、現在は海外在住でも受講可能な通信教育の『すらら』を子供のペースで頑張っています。
『すらら』に関しての感想を、別記事『すらら海外受講の口コミ感想|おすすめポイントを利用者が徹底解説!』でまとめていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね^ ^

通信教育はネット環境さえ整っていればどこでも学習することができるので、おすすめ方法でもあります。

通信教育

最近は通信教育もたくさんあるので迷ってしまうかもしれませんが、子供によって教材と合う合わなの相性があるので、まずは通信教育の無料体験を利用して比較してみるのが良いです。
実際、通信教育やオンライン家庭教師などは、最初に無料体験をさせてもらえるところが多いですからね^ ^

参考までに、海外から受講可能な通信教育をまとめた記事はこちらからどうぞ

こちらもCHECK

すらら海外受講
すらら海外受講の口コミ感想|おすすめポイントを利用者が徹底解説!

続きを見る

補習校に行くメリット・デメリット

悩んでいる人
補習校に行くメリット・デメリットについて知りたい。

では、補習校に行くメリット・デメリットについて考えてみましょう。

補習校に行くメリットってなに?

まる

実際に補習校に行ってみた経験や、他の親御さんの感想などから補習校に行くメリットを以下にまとめました。

  • 海外で日本の勉強ができる
  • 日本の文化が学べる
  • 日本語を聞いたり話したり、読んだり書いたりする機会が増える
  • 同じような境遇の子供と知り合える
  • 運動会など日本独特の行事が体験できる
  • 日本の図書を借りれる
  • 同じ境遇の親と知り合える(親のメリット)
  • 日本の情報が入手しやすくなる(親のメリット)
  • 自分で教えなくて良い(親のメリット)←ただし宿題などのフォローアップは必要

補習校に通うと、日本の運動会や日本の行事などが体験できるのはとても良いことだと思います。

勉強に関しては親が教えることもできますが、日本の文化や行事はなかなか海外では体験できませんからね。
特に、日本の運動会は海外の現地校で行われる「スポーツデー」とは違い、日本独特なので、体験させてあげたいですけどね。
運動会の玉入れ

日本の運動会のように、”クラス全員が一丸となって”団結する体験は、とても貴重だと思います。

実際うちの子供も、日本の行事は大好きですし、補修校で行われる行事も楽しく参加させていただきました。

子供を補習校に行かせるデメリットは?

では、逆に補習校に行くデメリットを以下にまとめてみました。

  • 週末の時間がなくなる
  • スポーツ (習い事)の時間がなくなる
  • 親の負担が増える
  • 子供の負担が増える
  • 現地校の子供がやらないことをするので子供が不満に思う
  • 現地校の勉強との両立が大変
  • 宿題が原因で親子喧嘩が増える
  • 親の役員仕事や人間関係などの煩わしいことに巻き込まれる
  • 親子でストレスになる

メリットもデメリットもそれなりにありますが、それでも補習校に行くのが大好きな子供もがいれば、苦痛でしょうがないという子供もいます。

頑張って補習校に通い続けて、最終的に中学校を卒業する子供もいれば、補習校をやめてストレスから解放された子供もいます。

ですが、補習校に行くか行かないかの正解はありません。決して補修校に行くのが良くて、行かないのがダメなわけではないです。
なので、行くか行かないかはそれぞれの家庭で子供と一緒によく考えた上で決めることをおすすめします。

親がよしよししている

人と比べる必要なんて全くないですし、やる気のない子供を親の思いだけで補習校に行かせても、結局はストレスになるだけです。
どうするかは、しっかりと子供と話し合うのが一番です。

ここまでは補習校というところを既に知っている前提でのお話でしたが、最後に補足として補習校自体について簡単に紹介しておきます。

補習校に行かない理由|補習校とは

そもそも日本語補習校ってどんなところ?
と言うことを簡単に紹介させていただきます。

補習校とは?

日本語学習

補習校とは、海外で現地校に通う児童生徒を対象に、いずれ日本の学校に編入する際に子供が日本の学校にスムーズに適応できるようにすることを目的としています。

授業は主に国語・算数(数学)です。

※補習校の概要としては以下のように記されています。

補習授業校は現地の学校や国際学校(インターナショナルスクール)等に通学している日本人の子供に対し、土曜日や放課後などを利用して国内の小学校または中学校の一部の教科について日本語で授業を行う教育施設です。
また、補習校で学ぶ内容については、日本の学校で実際に学ぶ教科の基礎的な基本知識、または日本の文化について日本語で学習します。

補習校の児童生徒には、日本国内用の教科書が無償給付されます。

日本の教科書配布については別記事『海外在住者にも日本の教科書が無償配布されるって知ってますか!?』をどうぞ。

ちなみに補習校の宿題は、小学部では毎日行うこととされています。そして中学部については、現地校の負担とならないように両方の兼ね合いとされています。

補習校の目的とは?

勉強

文部科学省が帰国した児童生徒を対象とした追跡調査によると、帰国後にスムーズに日本の学校に適応する条件として、以下の3点が挙げられています。

  1. 補習校の勉強をしっかるやること
  2. 家庭内では日本語を使うこと
  3. 日本語の本を読むこと

つまり、補習校は海外在住の子供が再び日本の学校で勉強するための、学習と生活の基礎基本を身に付けることを目的としています。

ですが、この目的は家庭学習と補習校での学習が総合されたうえで達成されることとされています。
なので、帰国後日本の学校に適応するためには、補習校だけではなく家庭での日本語学習も必要だということです。

さらに補習校についての詳しいことが知りたい方は文部科学省のサイトからどうぞ。

 

こちらもCHECK

海外在住|日本人学校と補習校の違ってなに?認定校もチェック!!

続きを見る

 

補習校に行かない理由【まとめ】

まとめ

海外で子供を育てる親としては、子供の日本語学習に関しては悩みますよね。
私自身はじめは、海外に住む日本人として補修校に行くのが当たり前だと思っていました。

ですが、その考えは子どもにも親の私自身にもストレスになってしまう大きな間違いだとわかったのです。

補習校に行くことが楽しくて子どもが笑顔でいられるのなら、もちろんとても良いことだと思います。
ですが、補習校にいくことがストレスになるのであれば、無理をしていかなくても日本語学習なら他にも方法はあります。

なので、補習校に行くか行かないかだけの選択肢の中で決めるのではなく、選択肢を増やして考えてみても良いかもしれませんね。

なにを選択するにしても、子どもにとって一番ハッピーな選択ができるといいですね。

 

参考中学生向け通信教育おすすめ6選まとめ|海外受講可能・無料体験あり

続きを見る

子供
参考海外在住の小学生向け通信教育おすすめ7選|料金口コミ評判まとめ!

続きを見る

子供
参考幼児向け通信教育|海外受講におすすめの教材6選を料金・特徴で比較

続きを見る

-小中学生向け

© 2021 まなびスマイル Powered by AFFINGER5